HOME > ABOUT
ごあいさつ・施設概要
地域医療におけるヒトの育成、情報発信拠点となる
センター長あいさつ

地域医療を担う様々な職種の方々にとって、次世代を担う人材育成と生涯教育システムの充実は最も重要な課題です。岡山県のご協力の下、地域医療人育成センターおかやま(MUSCAT CUBE)はこうした目的の実現のために岡山大学鹿田キャンパス内に建設されました。地域への情報発信のためのホール、カンファレンスルームなどは多くの皆様にご活用いただき、集いの場としても大きく成長させていただくことを心から願っています。
センター長

皆さんこんにちは。MUSCAT Sim(マスカット・シム)ディレクターの万代です。
このシミュレーションセンター(マスカットシム)は、卒前・卒後教育、各種専門教育そして生涯教育へと続くシームレスなシミュレーション医療教育の実践を目的として建設されました。岡山大学においては医科、看護科、歯科、薬科、保健学科などの学生だけでなく多職種の医療人の皆さんにも積極的にご使用して頂いています。これによって岡山大学全体の技術力が高まり、それによって医療の安全性・安心性が更に向上するのではないかと期待するものであります。また岡山県と共同でシミュレーション教育の実践を通じた岡山県全体の医療の安全・安心性向上を目指して、医療スタッフの不足が懸念される岡山県内の地域医療現場においても各医療機関と連携したプログラム開催などの取組みを行なっています。

現在の医学教育では、シミュレーショントレーニングが必須の教育手段となってきつつあります。米国医学部の授業では導入が義務化されていますが、本邦でもかなり普及してきており、その背景としてシミュレーター開発技術の進歩も勿論含まれますが、世界的な流れとして医療教育手法が講義形式・見学型実習形式からハンズオン形式・参加型実習形式・屋根瓦式教育形式のような“教えながら学ぶ教育法”へと変化してきたことが最も大きいのではないかと考えます。その中でシミュレーション教育は講義内容を実践する懸け橋として大きな役割を果たしており、医療における重要な教育手段の一つと認識されつつあります。

私はこのMUSCAT Sim(マスカット・シム)がその中心的な“学びの場”となり、
更なる医療教育の発展に寄与する使命を負っていると考え、ディレクターとして一層身の引き締まる思いがしています。
私を含めスタッフもシミュレーター管理、メンテナンス等のハード面だけでなく、
トレーニングプラン作成や評価方法開発などのソフト面でもしっかりサポートさせて頂きたいと考えておりますので、
皆さん是非このMUSCAT Sim(マスカット・シム)を医療教育の“センター”として活用し、
スキルアップの楽しさを実感して下さい。
ディレクター

施設概要
施設概要

コンセプトは「学ぶ・集う・繋がる」

各フロアが岡山県の地域医療における人材の育成・情報の発信拠点としての役割を果たしています。
岡山県では以前より岡山医療圏における地域間格差、特に県南部と北部間の医療従事者数における格差が問題視されてきました。
地域医療人育成センターおかやま(MUSCAT CUBE)は、これらの問題を是正し、岡山県地域医療における人材の育成・情報の発信拠点となるべく、岡山県地域医療再生計画に基づいて岡山大学鹿田キャンパス内に建設されました。
本施設は、岡山県下のすべての医療系学生および医療者全体のレベル向上と岡山県地域医療への理解と関心を高める事を目的とし、岡山県北部に限らず様々な地域医療の現場で今最も求められている患者を総合的に診療のできる『総合診療』の知識と技術を持つ医師を育成するためのシミュレーション教育のプログラム開発・実践・研究を行っていきます。
また、医療者だけではなく広く一般向けに健康に関するセミナーや子育て・介護に関する講演会などを行い、地域の方々の健やかな暮らしを支える情報発信の場としてご利用頂きます。

Copyrights © 2012-2013 MUSCAT CUBE. All Rights Reserved.